理想の住まいづくりのためには用語に詳しくなりましょう。

理想の住まいづくりのために 住まい関連用語に詳しくなる!

理想の住まいづくりのためには、住まいの関連する用語に詳しくなりましょう。たいがい、信頼と実績を持つ住宅メーカーやの営業マンや建築士や不動産さんがその場面場面を丁寧に進めてもらえます。しかし、トータルで一生涯、家で暮らしていくのは自分だけです。自分にとって、一生、理想の住まいを求めようとすると自分で判断するしかありません。その為にも家の基本的用語を理解しておく必要があります。

家探しは、まず、資金計画に始まり、都市計画、土地計画、建屋の構造、建築基準法、配置、登記、風呂やキッチンの水回りの設備についても幅広く知識として知る必要が、あります。

家は、産業製品の固まりとも言ってもよく、ありとあらゆるものがあります。それを一度に買い物をするのですら、数が多いからと言っておろそかには出来ません。阪神大震災以降、自然の猛威のなかでより安全な住居がも求められるようなりました。その一方でエコを考慮した快適さも求められています。住居のパンフレットにもこのような言葉が前面にでるようになりました。購入者自らそのネーミングのイメージに惑わされることなくその本質を見抜いて住宅を選ぶためにも基本的な用語や代表的な言葉を歴史や例を引きだしながらやわかりやすく解説しました。

理想の住まいづくりのために 住まい関連用語に詳しくなる!

家探しから契約、建築に関連する用語を調べてみた

家の購入は一生に一度とあって聞きなれない用語があります。

家を建てるとき、知っておきたい用語集

建築基準法の基本的な用語を知る必要があります。

Category

  • 家探しから契約、建築に関連する用語を調べてみた
    • 公正競争規約に関する「景品規約」「表示規約」
    • 「オープンルームで青田売りする」とは?
    • 契約書に用いられる「一般媒介契約」「使用賃借」
    • 「原価法」で不動産の「査定価格」を出そう
    • 我が家を守る「内装制限」、周囲のための「防火地域」
    • 登記簿で目にする「仮登記」「地目」の意味は?
    • 競売物件で「地上権」「継続賃料」を考慮する
  • 家を建てるとき、知っておきたい用語集
    • あなたの家は「更地」?「国有宅地」?
    • リフォーム時に気にしよう、「壁量」と「収納率」
    • 「在来工法」「アウトフレーム工法」…、新工法続々
    • 柱があるかないか、「壁式構造」「ラーメン構造」
    • 「外構」「濡れ縁」で住まいを彩る
    • 省エネなら「ヒートポンプ」「潜熱回収型給湯器」
    • 快適に暮らすための数字「快適指数」「臭気指数」